トップ > ダイエットの失敗談 > 危険な「国立病院ダイエット」

危険な「国立病院ダイエット」

国立病院ダイエットというものがあります。
このダイエット方法は、調べてみると不思議な点が多く見つかります。

国立病院ダイエットは提唱者が明確にはっきりと分かっていません。
デンマークの国立病院で提唱されたという説もあったり、肥満治療を行っているアメリカのメイヨークリニックが提唱したという説もあったりします。

日本の国立病院ではこのダイエット方法との関係を否定していたりと、不可解な点が多いのです。

では、国立病院ダイエットとはどんなダイエット内容なのでしょうか。

国立病院ダイエットを行う期間は2週間です。
その間決められたメニューだけを食べて、体内組織に化学変化を起こして太りにくい体質にするというものです。

食事メニューは、ゆで卵、ブラックコーヒー、グレープフルーツといった、かなり栄養的に偏ったものになっています。

しかしこのメニューで体内組織が化学変化を起こすことはまずあり得ません。

国立病院ダイエットを試してみた方もいます。

この方は2日間をなんとか我慢して乗り切ることができました。
ですが3日目から血糖値が急激に下がり、震えなどの症状が出たようです

結果的には痩せることはできたのですが、それ以上にやつれてしまったといいます。
これでは痩せても美しくなったとは言えない姿だったようです。

国立病院ダイエットのように提唱者が分からなかったり、内容に疑問を持ったものは実践しないほうが良いと思います。

危険なダイエット方法はたくさんあるので、自分で判断するしかありません。
体調を崩してしまっては、ダイエットをする意味がないのです。

このページのカテゴリーは「ダイエットの失敗談」です。
ダイエットに失敗経験はつきもの。
思ったより効果がなかった、リバウンドした、痩せたのはいいけど体力がなくなった、肌荒れになった・・・など。
ダイエットの失敗談に学び、簡単ダイエットを成功させましょう!
関連ページ

リバウンドの仕組み

リバウンドというのはダイエットをしている以上気にな...

成長期のダイエット

成長期の大事な時期にダイエットをして失敗してしまっ...

太らないようにする方法

雑誌やテレビでやせると評判のダイエット方法を色々試...

食事制限の失敗談

食事制限をしてダイエットをしている、という方はとて...