トップ > ダイエットの失敗談 > 低炭水化物ダイエットの安全性

低炭水化物ダイエットの安全性

「低炭水化物ダイエット」を聞いたことはあるでしょうか。

低炭水化物ダイエットは、ご飯やめん類、パンなどを全く食べないダイエット方法です。

炭水化物を食べないことで、体内に蓄積された皮下脂肪を消化させます。
その為短期間で体重を減らす効果があるのですが、低炭水化物ダイエットはあまり安全とは言えないのです。

低炭水化物ダイエットの恐ろしいところは、健康面の危険があるところです。

ご飯やパンなどの炭水化物を一切食べないというやり方は、生活習慣病をまねく危険があります。

炭水化物を摂らないと、脳にとって必要不可欠な栄養素である糖質を減らすことになります。
この糖質が減ってしまうと、脳にダメージを与えてしますのです。
実際ダイエットを行った方で偏頭痛に悩まされた方もいるようです。

炭水化物を摂れないので、他の食品を多量に摂取する場合も出てくるでしょう。
脂質やタンパク質は摂ってもいいですから、反動でたくさん食べてしまう事もあります。
そうなると、生活習慣病を招く恐れも出てくるのです。

特に日本人の場合、炭水化物を摂らないというのは辛いですよね。
お米やうどん、ラーメンなどのめん類は、日本人は好きだからです。

また、低炭水化物ダイエットでは便秘になりやすい傾向があります。
これは日本人の腸の長さと関係があると言われています。

健康面で考えると低炭水化物ダイエットはおすすめできません。
バランスの取れた食事で健康的に痩せるダイエットが一番でしょう。

このページのカテゴリーは「ダイエットの失敗談」です。
ダイエットに失敗経験はつきもの。
思ったより効果がなかった、リバウンドした、痩せたのはいいけど体力がなくなった、肌荒れになった・・・など。
ダイエットの失敗談に学び、簡単ダイエットを成功させましょう!
関連ページ

リバウンドの仕組み

リバウンドというのはダイエットをしている以上気にな...

成長期のダイエット

成長期の大事な時期にダイエットをして失敗してしまっ...

太らないようにする方法

雑誌やテレビでやせると評判のダイエット方法を色々試...

食事制限の失敗談

食事制限をしてダイエットをしている、という方はとて...