トップ > ダイエットの失敗談 > リバウンドの仕組み

リバウンドの仕組み

リバウンドというのはダイエットをしている以上気になる事ですよね。

ある方は1ヶ月間という短い期間でのダイエットを決意して、毎日2時間の運動と極端な食事制限を行いました。

その結果1ヶ月で7キロもの減量に成功したそうです。
しかしダイエットを止めて2ヶ月で9キロも増えてしまいました。

つまりダイエット前よりも2キロ太ってしまったことになります。
これはリバウンドが起こってしまったせいだと言えます。

では、リバウンドはどいういう仕組みで起こるものなのでしょうか。

人間が生命を維持するためには環境の変化に対応しなくてはいけません。
環境の変化とは、ダイエット中なら体重の変化、栄養素の変化、摂取カロリーの減りなどを指します。

この変化に対応するための機能を「ホメオスターシス」と言います。

ホメオスターシスが機能すると、摂取カロリーが変わっても適応しようとします。
その為、少ないカロリーでも生活していけるように、骨量や筋肉量を変化させ、更に急激に体重が変わらないようにします。

これがいわゆるダイエット中の「停滞期」と言うものです。

更にカルシウムが不足すると、体内の骨からカルシウムを摂ろうとするので、骨粗しょう症の原因にもなります。

リバウンドは人間が生命を維持するための活動であり、適応能力が正しく働いている状態です。
体に変化が起きる前の生活に戻った時に起こるので、極端なダイエットではリバウンドが必ず起こると言っていいでしょう。

このページのカテゴリーは「ダイエットの失敗談」です。
ダイエットに失敗経験はつきもの。
思ったより効果がなかった、リバウンドした、痩せたのはいいけど体力がなくなった、肌荒れになった・・・など。
ダイエットの失敗談に学び、簡単ダイエットを成功させましょう!
関連ページ

リバウンドの仕組み

リバウンドというのはダイエットをしている以上気にな...

成長期のダイエット

成長期の大事な時期にダイエットをして失敗してしまっ...

太らないようにする方法

雑誌やテレビでやせると評判のダイエット方法を色々試...

食事制限の失敗談

食事制限をしてダイエットをしている、という方はとて...