トップ > ダイエットメニューとレシピ > 白菜と鮭フレークの煮浸し

白菜と鮭フレークの煮浸し

缶詰の鮭フレークを使って、味つけもほとんど不要で手軽に美味しいダイエットメニューを作る事ができます。

鮭には、たんぱく質のほかにも、ミネラルや各種ビタミンがとてもバランスよく含まれています。
ビタミンB1、B2、ナイアシンは、脂質や糖質が効率よくエネルギーに変換されるのを助けてくれます。

さらに血行をよくするので、内蔵機能を活発にして冷え性を改善する働きもあります。
ダイエット中は冷え性になりやすいですから、これは見逃せない効果ですよね。

白菜と鮭フレークの煮浸しでは、白菜の芯の部分を使います。
葉の部分よりも、芯を使う事でかえって甘みが出るのです。
他の料理で余ってしまった芯は捨てずにとっておきましょう。

白菜をチンゲンサイにしても美味しいし、鮭フレークの代わりにカニ缶やあさりの水煮でも大丈夫です。
缶詰に残った汁を上手に活かすことで、調味料なしでもうまみたっぷりの薄味でいただけます。

おすすめダイエットメニュー 白菜と鮭フレークの煮浸し レシピ

材料(2人分)

・鮭フレーク缶・・・90g
・白菜の芯・・・200g
・しょうが汁・・・少々

下ごしらえ

・鮭の身を粗くほぐしておく。
・白菜をさっと水にくぐらせてラップで包み、電子レジで2分加熱して、3cm幅にざく切りにする。

つくり方

1)鮭と鮭の汁、白菜をボウルに入れます。
2)1にラップをかけて電子レンジで2分加熱します。
3)全体を大きく混ぜてしょうが汁を加えれば出来上がり。

このページのカテゴリーは「ダイエットメニューとレシピ」です。
簡単ダイエット成功の秘訣は「低下カロリーの食事」と「効果的な運動」を併用すること。
どちらかだけを頑張ってもなかなか上手くダイエットできないことが多いです。
そこで、ダイエットに効果的なメニューのレシピを公開します。
関連ページ

白身魚の蒸し団子

白身魚の蒸し団子は、脂肪分の少ない白身魚を電子レン...

大豆の五目煮

「大豆の五目煮」はとても栄養バランスが良く、ダイエ...

かに玉

「かに玉」は完全食品と言われる卵を使っているので、...

大豆のミネストローネ

「大豆のミネストローネ」は、植物性たんぱく質が豊富...