トップ > プチ断食 > プチ断食をして体のだるさを取ろう

プチ断食をして体のだるさを取ろう

プチ断食をすると体のだるさが取れるのを知っていますか?

例えば好きなことに夢中になってしまうと、何も食べたり飲んだりしなくても意外と平気だったり、寝不足でも疲れを感じない時ってありますよね。

この時は気力があるので結構頑張れるはずです。
しかし夢中になっているものが終わると、一気に体が疲れたり脱帽感があったりします。

なぜ突然、体のだるさが出てしまうのでしょうか。

人間は動くために、細胞に血液中にある栄養や水分、酸素を送り込んでいます。
食事を取らなくても胃腸に血液は送り込まれなくなるだけで、その分脳や筋肉にはきちんと血液がいきわたるように出来ています。

ですから一時的に食べたり飲んだりしなくても頑張ったりできるのです。

しかし夢中な状態が終ってご飯を食べたりすると、今度は今まで行かなかった胃腸に急に血液が行くようになり、反対に脳や筋肉には血液が行かなくなります。
つまり、脳や筋肉の動く力が半減してしまうので、体が疲れたと感じてしまうのです。

プチ断食をすると体のだるさが取れるというのは、胃腸に血液を送らなくても良くなるからです。
脳や筋肉が活発になるので、体のだるさを感じなくなります。

また、プチ断食をすることで頭の回転も早くなると思います。
これも同じ事ですが、胃腸に行くべき血液が頭へ回るので、脳の働きが良くなるのです。

適度なプチ断食は体のだるさにとても有効的です。
頭への血流が良くなることで、頭の回転が良くなるほかにも、引いては脳梗塞やボケなどの予防にも期待ができるかもしれませんね。

次の記事:効果的なプチ断食

このページのカテゴリーは「プチ断食」です。
プチ断食とは、1日間程度という短期間の断食のことを言います。
プチ断食は食べないことによるダイエット効果もありますが、むしろ、毎日のように使っている胃腸などの内臓を休め、健康状態を改善させることが主な目的のようです。
関連ページ

プチ断食でダイエットをするとは?

プチ断食でダイエットというのを聞いたことはありませ...

プチ断食における方法と効果

プチ断食は文字通り、短期間の断食を言います。 短い...

効果的なプチ断食

プチ断食は健康やダイエットに良いと聞きますが、実際...

プチ断食をして体のだるさを取ろう

プチ断食をすると体のだるさが取れるのを知っています...