トップ > 満腹たんぱく > 子供の肥満対策

子供の肥満対策

小さい頃から塾や習い事に通ったり、家でゲームばかりしていたり、現代の子供たちが外で元気良く遊んでいる姿をあまり見かけなくなりました。

また、子供たちの周りでは食生活が変化し、精神的なストレスがたまり、夜型の生活へ傾くなど大きく環境が変化してきています。
肥満とされる小中学生は、文部科学省の調べによると30年間で約3倍にも増えたと言われています。
小さい子供の頃からバランスの取れた食生活を身につけることが、このような肥満児を増やさないために最も重要です。

子供の肥満対策をこちらで紹介しましょう。

年齢別の目安摂取カロリーをもとにして、個々の肥満の程度をみてカロリーを制限します。
パンやいも類、ごはん、お菓子などの炭水化物を減らして、摂取カロリーを全体的に減らしていきます。
また、油を使う料理はあまり作らないようにしましょう

たくさんのビタミン・ミネラルやたんぱく質を含む赤身の肉、牛乳、大豆、魚介類、卵などはとくに制限しなくてよいです。
身長が伸びる成長期には、積極的にカルシウムと良質のたんぱく質を摂ることが大切です。
必ず身長が伸びれば、肥満度は下がります。

肥満の子供に共通していることは、全体的に栄養が偏っているばかりではなく、インスタント食品や塩分や糖分の多いお菓子などを多く摂っています。

塩分や砂糖を減らし薄味で調理し、食事には野菜をたっぷり使うことがこのような食生活を見直すためには必要です。
果物やヨーグルトや牛乳などの乳製品をおやつにすると良いでしょう。

また、カロリーの制限をしていると空腹になりやすくなります。
そのために、たっぷりの良質なたんぱく質を含んだ食材や野菜でボリュームを持たせた料理をつくりましょう。
工夫してストレスにならないよう食べさせてあげましょう。

このページのカテゴリーは「満腹たんぱく」です。
ダイエットの成功の秘訣として「できるだけ満腹感を感じるような食べ方をする」ことがあります。
いつも空腹感を感じていてはダイエットは長続きしません。
満腹タンパクとは、体内で満腹感をつかさどるたんぱく質のことで、満腹タンパクを上手く働かせることがポイントのようです。
関連ページ

ダイエットに効果的な「満腹たんぱく」

空腹感に絶える苦しみが、ダイエット中一番の悩みでし...

満腹たんぱく配合の「スリムアップスリム プレシャスシェイク」

ダイエットに効果的だということで最近注目を浴びてい...

大豆たんぱく質のダイエット効果

肥満を予防する効果やダイエットに効果的な作用が、大...

大満足の「豆乳おからクッキー」

ダイエットに効果がある大満足の「豆乳おからクッキー...