トップ > ウォーキング ダイエット > ウォーキングとジョギング

ウォーキングとジョギング

ダイエットのためにウォーキングを始める方が増えていますが、だらだらと歩いているだけでは効果が現れません。
ウォーキングは歩幅を小さくして、速度を速めることで、カロリーが消費されていきます。
ウォーキングの速度を上げれば上げるほどエネルギーは消費されるので、ではジョギングの方がいいのでは、と思う方もいるかもしれません。

ジョギングを普段する機会はないと思いますが、普段の生活の中ではウォーキングの「歩く速度」を考えて動く機会も少ないものです。

普段の速度から少し速度をあげる事で、いつもより歩くペースが速い、息がはずむけど笑顔になれるなどの「ややきつい」歩く速度になれます。
この「ややきつい」速度まで上げると、筋力と持久力をつけることが出来ます。

速度を意識し毎日ウォーキングすることで、楽に歩ける速度がしだいに上がってきますが、歩ける速度には限界があります。
分速110メートル位まで行くと、歩くよりもジョギングする方が楽なのです。
更にジョギングは消費エネルギーがウォーキングの約2倍になりますから、ダイエット効果が期待できるでしょう。

しかしジョギングよりもウォーキングをお勧めする理由は、消費エネルギーが2倍になると、着地時の足腰への負担も2倍になるという点です。
これはジョギングだけでなく、水泳やサイクリングなどの他スポーツにおいても同じことが言えます。
体脂肪を落とすのには大変有効ですが、負荷が大きかったり準備が大変だという点があります。
また、今までの運動歴も影響しますし、運動内容によっては調節することが難しいでしょう。

その点で言うと、ジョギングはとても優秀です。
自分で速度や歩幅の調節ができる上に、服装や場所を選ぶこともありません。
効果はゆるやかですが、負担も少ないため、老若男女問わず取り入れられる健康法なのです。

このページのカテゴリーは「ウォーキング ダイエット」です。
ウォーキングはこれまで運動不足の人でも手軽に始められることのできるダイエット・エクササイズです。
ウォーキングは他の運動よりもカラダにかかる負担が少なく、長く続けられやすいのが利点です。
運動でダイエットしようと考えている方は、まずはウォーキングを取り入れてはいかがでしょうか?
関連ページ

坂道ウォーキング

ダイエット目的でウォーキングをしている方にぜひ取り...

階段でのウォーキング

ウォーキングは体に良いと認識していても、毎日の仕事...

歩くことのすすめ

働き盛りである30〜40歳代の方には特に「歩くこと...

まず歩き出そう

ウォーキングは気軽に始められる運動ですが、1日1万...