トップ > 基礎代謝 > 褐色脂肪細胞と遺伝

褐色脂肪細胞と遺伝

肥満の原因の一つに、遺伝による褐色脂肪細胞の働きがあります。
褐色脂肪細胞というのは、基礎代謝を高めてエネルギーを燃焼してくれる細胞で、この褐色脂肪細胞は遺伝子により左右されることがあります。

日本人の約1/3にあたる人は、もともと褐色脂肪細胞に関わる遺伝子に変異があると言われます。
変異があると、正常な遺伝子に比べて基礎代謝量が200kcal近く低いと言われているのです。
つまり、遺伝子による要因でやせにくい体であると言えるでしょう。
「遺伝子でやせにくい体」なんて言われたらちょっと悲しいと思いますが、
もちろん肥満の原因は遺伝だけではなく、様々な生活環境によるものもあります。
食生活の乱れ・食べ過ぎや、運動不足などは肥満の原因としては一番分かりやすいですよね。
大体、遺伝による原因が30%、生活環境による原因が70%であると考えられているようです。

また、褐色脂肪細胞は年を重ねるごとに減っていってしまいます。
年齢が上がるにつれてやせにくくなるのは、この褐色脂肪細胞の衰えが考えられています。

同じような生活・食事をしているのに、太りやすい・太りにくい方がいるのは、このような要因が影響しているのでしょう。
しかし、諦めてはいけません、褐色脂肪細胞は活性化させることも可能です。
水泳をしたり、シャワーで直接刺激したりすることで働きを高められますから、適度な運動と食生活で健康的な生活を送っていきたいものです。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...