トップ > 基礎代謝 > 褐色脂肪細胞の活性化

褐色脂肪細胞の活性化

褐色脂肪細胞はエネルギーを燃焼させる働きをしているので、活性化させることで基礎代謝も上がり、ダイエットの成功へも繋がっていきます。

ではどうしたら褐色脂肪細胞を活性化できるかと言うと、刺激をすることで褐色脂肪細胞の働きを促すことができます。
例えば、手など、冷たさを感じやすい部分を刺激してあげると良いでしょう。

具体的に簡単な方法としては、ペットボトルを利用して褐色脂肪細胞を活性化することができます。

始めにペットボトルに水を入れて、冷凍庫で凍らせて下さい。
両手に凍ったペットボトルを持ち、褐色脂肪細胞を刺激します。
次にそのまま平泳ぎのような形を思い出して、水平に腕を回してください。
そして首も上下に動かしましょう。
15秒程度やったら、今度はお湯で手を温めます。
この動作を5回程繰り返すと、褐色脂肪細胞の働きを促すことができます。

温度差で刺激し活性化する方法としては、お風呂でのシャワーも良いと思います。
褐色脂肪細胞は首から肩にかけて多くありますから、この部分に直接シャワーをあてて刺激して下さい。
40度のお湯と、20度の水を交互に30秒ずつ程あてるのを5回繰り返します。
もちろん冬場は水は辛いですから、ぬるま湯程度でも大丈夫ですよ。

他にも、水泳というのは褐色脂肪細胞の働きを促すのにぴったりのスポーツです。
水中で体が冷えるために、体温を上げるために褐色脂肪細胞が働きます。
機会があれば、水泳をダイエットに取り入れるのも良いでしょう。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...