トップ > 基礎代謝 > 褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞

人間の体には「褐色脂肪細胞」と「白色脂肪細胞」の2種類の細胞があります。

白色脂肪細胞は、体の中にある余分なカロリーを中性脂肪として溜める働きがあります。
一方、褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞に蓄えてあるエネルギーをもらい、燃やすことで体温を上昇させます。
主に褐色脂肪細胞は首から肩甲骨にかけて集まっていますから、ここから熱を生み出し、体中に温かい血液を送っています。

寒い時には通常褐色脂肪細胞がエネルギーを燃やして体温を上げてくれますが、冷え性の方は基礎代謝が低いために、褐色脂肪細胞がエネルギーを燃やすことができず、体温がなかなか上がることができません。

褐色脂肪細胞の働きが悪いと、基礎代謝が低下するので、エネルギーを上手に燃やすことが出来ないのです。
反対に言えば、褐色脂肪細胞を活性化することで基礎代謝が上がるという事になります。

具体的に褐色脂肪細胞を活性化させるためには、「冷点」を刺激すると良いでしょう。
冷点とは、人間の体の中にある寒さを感じる部分です。
ここを刺激すると、寒さを敏感に感じることができて、褐色脂肪細胞が働き、活性化することが出来ます。

手のひらには冷点が多くあります。
手のひらは最も褐色脂肪細胞を活性化することが出来るので、大変効果的な場所です。
また、脳への刺激も多いので、冷点を刺激し寒いという大量の情報を脳へ送りやすくなりますから、より効果的に褐色脂肪細胞の活性化を促すことが可能です。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...