トップ > 基礎代謝 > 「有酸素運動」と「無酸素運動」

「有酸素運動」と「無酸素運動」

「有酸素運動」と「無酸素運動」には、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

有酸素運動とは、体脂肪を燃やす運動になります。
ウォーキングやジョギングなど、十分な呼吸を継続して確保し、酸素を消費していく運動です。
体脂肪を燃やすには十分な酸素が必要ですから、激しい運動では息が切れてしまい脂肪をうまく燃やすことができません。
有酸素運動は運動を始めて20分後から脂肪が燃え始めるので、最低でも20分は続けることが大切になります。
しかし普段から運動をしていない方は最初は15分程度を目安にして下さい。
そこから徐々に時間を長くして、無理なく続けていくのが良いでしょう。

無酸素運動は基礎代謝を高める運動です。
陸上の短距離走やダンベル体操などの短時間の運動を行うことで、基礎代謝を高めてやせにくい体を作ります。
無酸素運動は、酸素を使う有酸素運動とは違い、筋肉に貯めてあるグリコーゲンを消費していく運動になります。

ダイエットというと、どうしても脂肪を燃焼させる運動が目立ちますよね。
しかし、筋肉を鍛えることもとても大切なポイントで、どちらもダイエットのためには必要な運動だと言えます。
有酸素運動だけでは、筋肉が落ちてしまうことで太りやすい体になってしまう場合もありますから、まず無酸素運動で基礎代謝を高めて有酸素運動で脂肪を燃焼させるのが、一番効率の良いエネルギー消費方法だと思います。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...