トップ > 基礎代謝 > 筋肉トレーニングで筋肉質に?

筋肉トレーニングで筋肉質に?

筋肉トレーニングを行うと、ムキムキの筋肉質になってしまうのでは、と思っている女性も多いと思います。
筋肉を鍛えれば基礎代謝も上がりダイエットになると知っていても、足や腕が筋肉質になって太くなるのはちょっと困りますよね。
やはり女性ならすらっとしたスタイルに憧れると思います。

しかし、安心して下さい。
普通の筋肉トレーニングで筋肉質になることは、そうそうありません。
きつい運動を行った後に、一時的に足や腕がパンパンに太くなるような事はありますが、これは激しい運動により疲れた筋肉を回復させるために、血液や水分が筋肉に集まっているからです。
ですから筋肉が太くなったわけではなく、一時的な現象ですから、数日で元に戻るので心配はいりません。

例えばリフティング選手やハンマー投げ選手は、筋肉質のたくましい体をしていますから、筋肉トレーニングをするとムキムキになるというイメージがつくのでしょう。
しかし、マラソン選手を思い浮かべて下さい。
もちろんマラソン選手も筋肉はついていますが、すらっとしていて筋肉が太くはなっていないのです。
マラソンやジョギング等、長い時間をかけて弱く力をかける有酸素運動では筋肉は太りにくいといって良いでしょう。
筋肉質になってしまうのが気になるという方には有酸素運動を中心にトレーニングしてみて下さい。
有酸素運動を中心として、その間に筋肉トレーニングを組み込むと良いですね。

筋肉質になりたくない方は、筋肉トレーニングは軽いものを長く続けていくのがポイントです。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...