トップ > 基礎代謝 > 睡眠と基礎代謝

睡眠と基礎代謝

基礎代謝は日頃の適度な運動やストレッチにより筋肉量を増やす事で高めることが出来ますが、他にも「睡眠」とも深く関わっているようです。

人間が睡眠をしている時間に、体の中ではたんぱく質が合成されたり成長ホルモンが分泌されたりしています。
ですから、良質な睡眠時間を過ごすことにより、質の良い筋肉が作られて基礎代謝もアップしていくのです。
ダイエットをしたいなら、基礎代謝を高めるのが一番ですから、睡眠はダイエットにも大切だと言えます。

夜更かししていると、どうしてもちょっとした食べ物を食べたくなってしまうことはありませんか?
これでは、ストレッチや運動をしていても、ダイエットの効果が現れませんよね。

睡眠時間が短くなることで自律神経のバランスが崩れてきます。
この自律神経のバランスが乱れると、食欲を抑制する「レプチン」と、食欲を調整する脳内物質の「セロトニン」というホルモンに影響が出てしまうのです。

レプチンの分泌が乱れると、通常なら体脂肪が増えたことを脳に伝えてくれるはずなのに、満腹感を感じなくなり、おなかが空いてないのに食べてしまうという現象が起こります。
最近は睡眠時間が4時間、なんて方もいるかと思います。
しかし4時間睡眠を2日続けると、血中のレプチンは約18%減少してしまうという報告もあるので、気をつけなくてはいけません。

一方セロトニンは、食欲や性欲に関わる「ドーパミン」と、ストレスを感じたときに反応する「ノンアドレナリン」という脳内物質をコントロールしています。
こちらも睡眠時間が不足すると、セロトニンの分泌が悪くなり、ドーパミンが暴走するようになってしまいます。
その結果、過剰な食欲が起こってしまうようです。

「たかが睡眠」とあなどってはいけません。
心と体を健康に保つためにも、睡眠時間はたっぷり取って基礎代謝を高めていきましょう。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...