トップ > 基礎代謝 > 食事誘導性熱代謝量を高めるには?

食事誘導性熱代謝量を高めるには?

ダイエットを成功させるには「食事誘導性熱代謝量」を高めることも良いとされています。

食事誘導性熱代謝量は普段の消費エネルギーの中では割合的には少ないものです。
しかし運動量や基礎代謝量とあわせて高めておくことで、ダイエットがより効果的にできます。

食事誘導性熱代謝量を高めるには、食事前に軽く運動をすると良いでしょう。
食事前に運動をすることで、燃焼される脂肪量が多くなります。
エネルギーも長く持続できるので、食事量も減らすことができます。
運動は軽いストレッチでもOKですよ。

また、なるべく温かいものを食べると効果的です。
温かいものをたべることにより、体がポカポカ温まってきますから、血行も良くなります。
血行を良くすることで基礎代謝量も高められるのです。
温かいものだけでなく、香辛料を使って胃腸を刺激するのも良いですね。

食事誘導性熱代謝量は朝が一番高く、夜になるにつれて下がってきます。
エネルギーとして消費できるので、朝食を一番しっかり食べて下さい。
反対に夕食は出来るだけ早い時間にすると良いようです。
夜遅くに食べたものは消費されにくく、太る原因にもなります。

また、意外だと思いますが、食べ物をおいしいと感じながら食事をするのも良いでしょう。
例えば家族みんなで賑やかに楽しく食事をすると、味覚と嗅覚が刺激されることで交感神経が刺激されるので、ノンアドレナリンが分泌されます。
心拍数が上がる、血圧が上がる、消費エネルギーが多くなるといった効果が得られるので、食事は楽しく食べるようにしたいものです。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...