トップ > 基礎代謝 > 食事誘導性熱代謝量について

食事誘導性熱代謝量について

食事誘導性熱代謝量とは、基礎代謝量と生活活動代謝量とともに、1日に消費されるエネルギーのことです。

ダイエットには全体の70%を占めるとも言われる基礎代謝量を高めることが効果がありますが、もちろん他の代謝を同時に高めると、より効果が発揮されることと思います。

では、食事誘導性熱代謝量を高めるにはどうしたら良いのでしょうか。

食事誘導性熱代謝量は食事をとることにより消費されるエネルギーですから、食べ物のとりかたによって、代謝量をアップすることができます。

食事をすると、その食べ物は体の中で消化されて、エネルギーとなって消費されますよね。
この消費量は食べ物の中の栄養素によって異なっています。
一番とびぬけて多いのはたんぱく質の30%、炭水化物は10%、糖質が5%、脂質が4%です。
つまり消費エネルギーを考えるならたんぱく質を多くとるのが一番効果的だというわけです。

更にたんぱく質の良い所は、そのエネルギーの持続時間も長いのでダイエットに最も適していることでしょう。
卵や大豆、チーズ、お肉や魚を使って、よく噛んで食べる食事メニューを立てて、よく噛んで食べることで交感神経を刺激し、エネルギー消費が高まります。
早食いをせずに、よく噛むとヒスタミンというホルモン分泌も活発になり、満腹中枢を刺激して食欲を抑える働きもあります。

自然と食べる量も少なくなるので、ダイエットをするなら食事はよく噛むように心がけると良いようです。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...