トップ > 基礎代謝 > 生活活動強度指数とは?

生活活動強度指数とは?

生活活動強度指数は基礎代謝量と掛け合わせることで、1日に消費されるエネルギーの量を計算できます。

基礎代謝量は知っている方も多いでしょう。
人間が生きていく上で、必要になる最低限のエネルギーのことです。
生活活動強度指数とは日常生活でどれくらいの負荷がかかっているかを指数を用いて表しています。

では自分の生活活動強度指数はどれ位でしょうか。
厚生労働省が第6次改定日本人の栄養所要量というものを発表していますから、それを見てみてましょう。

生活活動動作は大きく分類すると4つに分かれます。
その活動強度により、1.3が一番低く、1.9が一番高くなります。

【1.9】
1日1時間程度の激しい負担(トレーニングや力仕事)を体にかけている場合。

【1.7】
1日1時間程度のサイクリングやウォーキングをしている場合。
立った姿勢でいることが多い時は、その中でも1時間程度の農作業などで体に負担をかけている場合。

【1.5】
歩行時間が2時間程度の場合。
座っている姿勢が多いが、立った姿勢でいることも比較的多い場合。

【1.3】
買い物や散歩などのゆっくりした歩行が1時間程度の場合。
安静時が多いなど、座っている姿勢が多く、読書やテレビ、音楽鑑賞、勉強などをしている場合

望ましいのは1.7の活動量ですが、実際には1.3や1.5の方が多いでしょう。
1日の運動時間を増やして、1.7に近づけるように頑張ってみて下さい。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...