トップ > 基礎代謝 > 生活活動代謝量とDIT量

生活活動代謝量とDIT量

1日に消費するエネルギー量というのは、大きく3つの種類に分けることが出来ます。
「基礎代謝量」「生活活動代謝量」「食事誘導性体熱産生量(DIT量)」です。

基礎代謝量は全体の70%を占める大切なものですが、生活活動代謝量も20%、DIT量も10%と関わっているため、基礎代謝量だけでなく生活活動代謝量・DIT量も一緒に高めることで、ダイエットに効果的だと言えます。

生活活動代謝量は、毎日の生活活動全てで消費されるエネルギーです。
例えば通勤時や家事、スポーツや、趣味を楽しんでいる時など、活動をしている際に消費されています。
ですから、特別にスポーツジムに通ったりしなくても、普段からちょっとだけ心がけて動くようにすれば、増やす事も簡単なのです。
家にいる方なら動作を大きくしてみる、通勤に電車を利用しているなら1駅分歩いてみる、電車内では座らずに立つ、つま先立ちをしてみるなど、ほんの少しの工夫で増やす事ができます。

食事誘導性体熱産生量(DIT量)は、食事をしている際に消費されるエネルギーです。
食べ物を消化するためには消化器が働くのでエネルギーが必要となります。
発汗作用で新陳代謝を良くする効果のある食べ物をとるとDIT量が増えやすくなります。
例えば唐辛子などの辛いものは食事中や食後に汗をかいたりしますので、DIT量を増やすなら食事に取り入れてみましょう。
また、お酢を水で薄めるのもおすすめです。
普段の食事も少しの意識で変わってきますから、心がけが大切だと言えます。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...