トップ > 基礎代謝 > 基礎代謝量の測り方

基礎代謝量の測り方

基礎代謝量を測って把握しておくことは、ダイエットを考えている方にはとても大切なことです。

基礎代謝量は必要最低限のカロリー量を示すので、基礎代謝量以下のダイエットを行うとエネルギーが不足してしまうのです。
エネルギーが不足してしまうと、体は省エネモードになるため、基礎代謝量が低くなり痩せにくくなってしまいます。
そのような事が起きないように、まず自分の基礎代謝量を知っておきましょう。

電卓で基礎代謝量を計算することが出来ます。
最近では基礎代謝量が計れる体脂肪計も出ていますが、家になくても、電卓で簡単・確実に知ることが出来ますよ。

厚生労働省から出ている「性・年齢階層別基礎代謝基準値と基礎代謝量(平均値)」は1歳からの幼児でも簡単に知ることが出来ます。
自分の年齢を当てはめるだけですから、すごく手軽です。

また18歳以上を対象としているものに「ハリス・ベネディクト方程式」があります。
これは欧米でよく使われるものですから、日本の「性・年齢階層別基礎代謝基準値と基礎代謝量(平均値)」よりも高い数値となるようです。
骨格が大きい欧米人向けですが、基礎代謝量を把握するならばそれほど違いはありません。

実際に「ハリス・ベネディクト方程式」で基礎代謝量を計算してみましょう。

男性の場合
◎66+(13.7X体重kg)+(5.0X身長cm)−(6.8X年齢)

女性の場合
◎665+(9.6X体重kg)+(1.7X身長cm)−(7.0X年齢)

この基礎代謝量を知っておくと、効率よくダイエットを行うことが出来ます。
少々面倒な計算式ですが、電卓を使えば簡単ですから、ぜひやってみて下さい。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...