トップ > 基礎代謝 > 基礎代謝量の違い(3)

基礎代謝量の違い(3)

基礎代謝量というのは、年齢や性別、体格、人種などによって人それぞれ違いがありますが、それだけではありません。
基礎代謝量は人間の体で消費されるエネルギーの多くを占めているため、もちろん他にも影響されることがあります。

例えば女性の場合なら、月経によっても基礎代謝量は変化します。
月経の間は基礎代謝量が最低値になり、月経後は増加していき、月経が始まる2〜3日前が最高値になるのです。
「ダイエットは月経前が良い」とよく聞きますが、これは基礎代謝が高い時を指しています。
この時期に活動エネルギーを増やしてダイエットをすると効果的だと言えます。

また、妊娠も基礎代謝量が変化します。
妊娠4ヶ月までは普段と変わりませんが、その後少しずつ増加を始めて、妊娠後期には約20%も増加をします。
胎児が大きくなるにつれて基礎代謝量が増えるのです。

栄養状態にも基礎代謝量の違いが見られます。
食生活が乱れている方や、無理なダイエットを続けている方、長期にわたって栄養が不足している方、栄養失調症の方など栄養状態が悪い場合、基礎代謝量が10%〜30%低下していると言われます。
たんぱく質の合成が低下してしまうため、エネルギー消費が抑えられるのが原因です。
無理なダイエットをすると、逆にやせにくい体を作ってしまいます。

体温が高い時、風邪などの発熱時には基礎代謝量が高くなります。
大体体温が1度上昇すると、基礎代謝量は13%増加すると言われます。
バセドウ病など、基礎代謝を調節する甲状腺ホルモンの分泌が多くなる病気は、基礎代謝量が通常の2倍にもなることもあるようです。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...