トップ > 基礎代謝 > 基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっては、とても重要なポイントです。
基礎代謝は誰でも同じではなく、個人によって変わってきます。
性別や年齢の他にも、生活環境や体格、人種によっても違いが出てきます。

体格による違いには、筋肉量が関わっています。
日頃から運動をしている方は筋肉が多いので、寒いときにも基礎代謝が働きエネルギーを消費することが出来ます。
しかし運動をしていなく筋肉が少ない方は、寒いときには体が脂肪を蓄えて体温を保とうとします。
冬になると太りやすくなる方は、基礎代謝が少ないと言えるでしょう。

また、生活環境による違いには、暖かい地域や寒い地域による違いがあります。
基礎代謝は熱い時よりも寒い時が高くなるため、暖かい地域の方は低く、寒い地域の方は高くなっているのです。
ですが、日本には四季があるので、暖かい地域・寒い地域だけで基礎代謝に大きく違いが出るわけではありません。
暑い夏よりも、寒い冬をうまく利用することで基礎代謝をアップさせることが出来ます。

例えば夏バテで食欲が落ちたのに、体重が減ってないということは経験がありませんか?
逆に冬に食欲が増したのに、体重がそれほど増えないというのもあるかと思います。
これは熱い夏よりも寒い冬の方が基礎代謝が高いからなのです。

ダイエットを考えている方は、冬でも少々薄着をしたりして過ごすと基礎代謝量も上がるので効果が期待できるでしょう。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...