トップ > 基礎代謝 > 基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネルギー消費量です。
この基礎代謝量が高いと脂肪が燃えやすいため、ダイエットに不可欠と言われる太りにくい体を作ることができます。

基礎代謝量は個人差により、大きく違いが見られます。

まず性別によっても大きな違いがあります。
一般的に男性の方が基礎代謝量が1日当たり約1200〜1600kcalと高く、女性の方は約1000kcal〜1300kcalと少ないのです。
女性は男性とは違い、妊娠・出産という大きな仕事があるため、基礎代謝量が低く、少ないエネルギーで生きることが出来るようになっています。

また、年齢によっても大きな違いが見られます。
基礎代謝量は20歳前までが最も高くなっています。
平均数値は、男性が1日当たり約1500kcal、女性が約1200kcalです。
その後次第に減少していき、40歳前後では男性は1450kcal、女性は1150kcalまで下がります。
更に50歳前後になると、男性は1400kcal、女性は1100kcalまで下がってきます。

年をとると太ってくる、痩せにくくなる、というのは基礎代謝量の変化によるものでしょう。
基礎代謝量が減ることで、普段の生活では少ないエネルギーしか必要とされないのです。
つまり若い時と食事量は変わっていないのに、エネルギーとして消費できないため、体の中にどんどん溜まっていってしまいます。

健康的に過ごすためには、カロリー摂取過多にならないよう、自分で調節をしたり基礎代謝量を高めることが必要です。

このページのカテゴリーは「基礎代謝」です。
近ごろよく耳にする「基礎代謝」。
じっとしていても生命維持のためにカロリーを消費することを基礎代謝といいます。
基礎代謝量を高めることは「痩せやすい体質」を作るために有効な方法で、運動で消費カロリーを増やすことと同じくらい、ダイエットに大切なことといわれています。
関連ページ

基礎代謝アップの利点

基礎代謝をアップすることで得られる利点は何でしょう...

基礎代謝量の違い(1)

基礎代謝量とは、生きる上で必要となる最低限のエネル...

基礎代謝量の違い(2)

基礎代謝量というのは、ダイエットを考えてる方にとっ...

基礎代謝とは何か?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことはありませんか?...