トップ > ダイエットの失敗談 > 大事なのは活動量

大事なのは活動量

ダイエットで大切なことは、活動量を少しでも増やすことです。
活動量を徐々に増やしていくことで、次の目標への意欲もわきます。

ダイエットするために運動するぞ!と意気込んだことはありませんか?
でも結局三日坊主で終わってしまった・・という経験がある方も多いと思います。

運動するぞと意気込むと毎日きっちりと行わないといけない、と思い込んでしまいます。
力が入りすぎてしまうことで、用事や仕事の都合によりできなかった時に、悔しかったり落ち込んだりする方もいるでしょう。

しかしダイエットの運動は、そんなに深刻にしなくてもいいのです。
長続きさせるコツは「楽しんで行う」こと。
必ず毎日やらなくても、1日おきでも良いし、何より楽な気持ちで取り組まないと長続きできません。

ダイエットの運動は、普段の生活で無理やく取り組めるようにしたいものです。

・朝起きたら布団の中で5分間ストレッチ
・夜寝る前にもストレッチ
・エレベーターを使わないで階段を使う
・電車やバスを待っている間はつまさき立ちにする
・TVを見ている時は腹筋運動

など、日常生活の中で活動量を増やす事で、十分効果的なエクササイズになります。

例えばウォーキングでも、最初から1時間歩かないで、15分〜20分を目標に始めましょう。
慣れてきたら徐々に時間を延ばしていくことで、楽しんでできますし、長続きもします。
時間が延びたら運動内容も変えると良いですね。

運動は無理せず楽しんで、活動量を増やしていくことが大切です。

このページのカテゴリーは「ダイエットの失敗談」です。
ダイエットに失敗経験はつきもの。
思ったより効果がなかった、リバウンドした、痩せたのはいいけど体力がなくなった、肌荒れになった・・・など。
ダイエットの失敗談に学び、簡単ダイエットを成功させましょう!
関連ページ

リバウンドの仕組み

リバウンドというのはダイエットをしている以上気にな...

成長期のダイエット

成長期の大事な時期にダイエットをして失敗してしまっ...

太らないようにする方法

雑誌やテレビでやせると評判のダイエット方法を色々試...

食事制限の失敗談

食事制限をしてダイエットをしている、という方はとて...