トップ > ダイエットの失敗談 > 食の好みを変える

食の好みを変える

ダイエットでは濃い味やこってりしたもの、甘い物などは出来るだけ避けていきたいものです。

もともと高カロリーの料理が好きな方もいるでしょう。
ダイエットをするために、食の好みを変えることはとても大変なことです。

食べてはいけないと思ってても、今までの食生活はなかなか変えることができません。
味の好み、食の好みを変えるにはどうしたら良いのでしょうか。

食事制限をされる例として、糖尿病の治療があります。
この治療では、食事の内容・味付けを変えなくてはいけませんが、約2週間をかけて、徐々に慣れさせていくようです。

こってりした料理から、さっぱりした味付けや油を減らした料理へと慣れさせていきます。

少しずつ薄味へと変えていくことで、食の好みを変えていくようにしましょう。。
味付けをしなくても、素材の味だけでもおいしい食べ物はたくさんありますよね。
まず2週間、今までの食事内容を見直してあっさりとした味付けで低カロリーの食事を取りようにします。

これは糖尿病治療だけでなく、高カロリーの食べ物が好きな方がダイエットをする際にも心がけなくてはいけません。
調理の仕方も工夫し、常に油とカロリーを減らすように気をつけましょう。

また、ぜひ活用してもらいたいのがカロリーブックや日記帳です。

毎日食べたものを日記につけることで、自分が食べたものの記録が残ります。
それによってお菓子などの間食を押さえることもできるのです。

カロリーブックは普段何気なく食べてたものが高カロリーだったなどを気づかせてくれます。
これを活用することで、食事を見直すのにとても役立つのです。

食の好みを変えることは大変ですが、自分で食べやすいように工夫してみて下さい。
ダイエットは楽しみながらできることが一番ですよね。

前の記事:大事なのは活動量
次の記事:停滞期の過ごし方

このページのカテゴリーは「ダイエットの失敗談」です。
ダイエットに失敗経験はつきもの。
思ったより効果がなかった、リバウンドした、痩せたのはいいけど体力がなくなった、肌荒れになった・・・など。
ダイエットの失敗談に学び、簡単ダイエットを成功させましょう!
関連ページ

リバウンドの仕組み

リバウンドというのはダイエットをしている以上気にな...

成長期のダイエット

成長期の大事な時期にダイエットをして失敗してしまっ...

太らないようにする方法

雑誌やテレビでやせると評判のダイエット方法を色々試...

食事制限の失敗談

食事制限をしてダイエットをしている、という方はとて...