トップ > ダイエットの失敗談 > 停滞期の過ごし方

停滞期の過ごし方

ダイエットに必ずあるのが「停滞期」です。

ダイエットを始めて2〜3週間たつと、突然体重が減らなくなってしまいます。
今まで順調に減っていた体重が減らなくなると、これが限界なのかと感じてしまう方も多いでしょう。

しかし停滞期は誰にでもあることです。
この体重の減らない時期をダイエットの停滞期と呼び、これを乗り越えるとまた体重は必ず減っていきます。

もうこれ以上体重が落ちないと思い込み、ダイエットをやめてしまってはいけません。

ダイエットの停滞期が起こる原因は何ででしょうか。

まずダイエットで食事制限をしていると、体には今までのような栄養が入ってこないことになります。
それに体が気づくと、栄養をあまり使わないようになるのです。
それと同時に、今度は摂取した栄養をいつも以上に摂ろうとし始めます。

つまり停滞期とは、体が危険信号を訴えているのと同じです。

体重が減らなくなったからといって、今まで以上に激しいダイエットをする必要はありません。
停滞期に入っても、それまで続けてきたダイエットを行えばいいのです。

体重が2週間近く減らないときは、停滞期に入ったと受け止めて、普段通り自然にしていましょう。

もしそのまま2ヶ月過ぎてもまた体重が減らなければ、ダイエットを見直すようにするといいと思います。

ダイエットは順調な時と停滞期を繰り返すものです。
停滞期に入っても、焦らず今まで通りのダイエットを続けていって下さい。

このページのカテゴリーは「ダイエットの失敗談」です。
ダイエットに失敗経験はつきもの。
思ったより効果がなかった、リバウンドした、痩せたのはいいけど体力がなくなった、肌荒れになった・・・など。
ダイエットの失敗談に学び、簡単ダイエットを成功させましょう!
関連ページ

リバウンドの仕組み

リバウンドというのはダイエットをしている以上気にな...

成長期のダイエット

成長期の大事な時期にダイエットをして失敗してしまっ...

太らないようにする方法

雑誌やテレビでやせると評判のダイエット方法を色々試...

食事制限の失敗談

食事制限をしてダイエットをしている、という方はとて...